第20回定期演奏会 終了しました!

三田市は、大阪から北へ向かった宝塚市のさらに先の四方を山に囲まれた広大な盆地に存在します。台地はニュータウンとして開発され人口は12万人ほど。10年連続で人口増加率日本一だったとか。
三田市民オーケストラのホームグラウンドの郷の音ホールは970人入るなかなか良い音響のホールです。

その郷の音ホールで開催された夢のような20周年記念演奏会が終わりました。

「くるみ割り人形」オリジナルの抜粋と渋いスコッチという組み合わせ(技術的難易度は過去最高?)で、練習はかなり大変でしたが、アマチュアならではの生き生きとした演奏を楽しんで頂いたのではないかと思います。
アンコールはおまちかね?の「花のワルツ」と「トレパーク」でした。
・・・え?「花のワルツ」はネタばれしていた?
くるみ割りのNo.9では市内有数の実力、三田少年少女合唱団も熱唱。小中先生ご指導ありがとうございました! 素晴らしい天使の歌声でした。
そして、ドライブ感溢れる演奏を引き出してくださった客演指揮の高橋先生に感謝。

ハープ奏者を含めエキストラの皆さま、ポスター・チラシ・プログラム作成者、写真・ビデオ撮影者、受付スタッフの皆さん、郷の音ホールのスタッフの方々・・・
私たちの演奏会のために多くの時間と労力と音楽への愛を注いでくださいました。ありがとうございました。

そして、私たちの演奏会に足を運んでいただき、熱心に耳を傾けて頂いた来場者の方々!! 本当にありがとうございました‼

今後もアマチュアオーケストラならではの手作りで愛情のこもった音楽をお届けしていきたいと思います。次回もお隣さん、お向かいさん、ご友人、親戚、親・兄弟・お孫さん等、音楽会へ行こう! と誘ってご来場ください。
次回演奏会は家族そろって楽しめるファミリーコンサート(2019年3月24日)です。

この町にオーケストラが生まれて20年。
文化の殿堂・郷の音ホールが完成して11年。
これからも三田市の音楽文化の発展と共に歩み続けたいと思います。(団員一同)

 

本番まで2週間です!

本番まで2週間となった10月6日から10月7日まで合宿へ行ってきました。
1日目はバレエ音楽「くるみ割り人形」、2日目は「スコットランド」と、1日ずつ曲を分けての集中練習でした。
本番まであと2週間という焦りもある中でも、時間をたっぷり取ることのできる合宿ならではの細かい練習をすると共に初めての全曲通しにも挑むこともできました。

プログラムには演奏曲ごとの場面がわかる形で「くるみ割り人形」の「あらすじ」を掲載いたします。本番当日はハープ2台の響きと三田少年少女合唱団の歌声と共に「くるみ割り人形」の世界を想像しながら楽しんでいただきたいと思います。

そして、後半はメンデルスゾーンの魅力的な世界へとご招待いたします。

団員一同、皆様のご来場をお待ちしています。

20181006gassyuku1 20181006gassyuku2 20181007gassyuku3

   合宿風景です♬

交響曲「スコットランド」

第20回定期演奏会の後半で演奏します交響曲「スコットランド」はメンデルスゾーンの最後の交響曲(3番は出版の順番で作曲順では5番)です。
スコットランドを旅し歴史に想いを馳せた印象を音楽絵巻にした、全編美しい旋律に満たされた名曲中の名曲です。
とりわけ第3楽章の郷愁を誘うような甘いメロディーが愛されています。またラストのコーダではカンタータと呼んだ方が良い壮麗な音響空間が出現し、祝祭的なフィナーレとなります。
今回の指揮者の高橋徹先生も作曲家の目で改めてスコアを眺め、その素晴らしさを再認識されたそうです。

なぜか名曲の割には演奏頻度は少ない曲ですので、この機会に是非!

バレエ音楽「くるみ割り人形」

第20回定期演奏会の前半に演奏いたします「くるみ割り人形」は、聴けば楽しく美しいドラマチックなバレエ音楽です。
また組曲以外の曲の知名度は低いですが、実は名曲の宝庫です。
メインに据えたNo.14アダージョは「ドシラソファミレド」という単純な音階で出来ていると思えない壮麗なるクライマックスです。
バレエ音楽全曲をお届けすることは残念ながらできませんが、全体の流れがわかるような形で抜粋いたしました。
また、近年躍進を続ける「三田少年少女合唱団」も花を添えてくださいます。

想像以上に難曲揃いで悪戦苦闘していますが、本番はくるみ割り人形の世界を存分に楽しんで頂けるよう団員一同日々練習を重ねています。
えっ?プログラムに一番有名な「花の○○○」が無い?
無いからやらないとは限りませんよ。

第20回定期演奏会に向けて♪

さて、今回の定期演奏会の客演指揮者は大阪音大教授・高橋 徹先生です。前回のファミリーコンサートでは魔法使いとして演技の才能までご披露いただきました。子供たちの脳裏には魔法使いの「トオル先生」として焼き付いたことと思います。

絶対音感の持ち主であり作編曲家でいらっしゃるご指導は、的確な指揮と相まって緻密で美しい響きを要求されます。
さらに、「約束をした演奏は先が見えて面白くないから、本番はどう振るか分からないよ~」が口グセで、即座に対応できるような反射神経も必須となり・・・
団員もその要求に応えることができるようにと、メガネを買い替えたり、毎日反復横跳びで反射神経を鍛えたりと準備に余念がありません。

2018teienn4_0002

創立20周年を迎えました!

三田市に市民の為のオーケストラが産声をあげて20年。
今でこそ郷の音ホールという立派な文化の殿堂がありますが、発足当初の演奏会場であった公民館はすぐ側を通る電車のガタンゴトンが演奏中にも聞こえる趣ある会場でした。 その会場も新しい市庁舎に変わり今はもうありません。
月日の流れを感じます・・・

晴れて成人式を迎えたということで、大人の演奏をお届けしたいと思いを募らせ練習を重ねている私たちですが、「遊び心」と音楽を「純粋に楽しむ心」も決して忘れずにさらなる成長を目指していきたいと思っています。
そんな私たちを今後も暖かく(時には厳しく)見守っていただけたら幸いです。

第20回定期演奏会情報はこちら

合宿に行ってきました

9月8、9日、三田市民オーケストラは
兵庫県立嬉野台生涯教育センターに於いて
定期演奏会にむけての合宿を行ないました。

賛助出演をお願いしている方々にも多数ご参加いただき、
1泊2日、集中して練習に取り組むことができました。
全日程の終了後、解散後も会場に残ってパート合わせを
している人もあり、演奏会に向けて盛り上がりを感じています。
乞うご期待。

そして・・・
練習はもちろんですが、仲間と同じ食卓を囲んだり、
周到に周到に準備された大親睦会に時を忘れ、
一段と結束を固めたのでありました。